記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※タイトルの星は難易度を示しています
 ★☆☆:易  ★★☆:やや難  ★★★:難
名古屋の測量・新築登記のご相談は、名古屋市北区の藤田測量登記事務所へ(名古屋市及び近郊対応!)
お問い合わせはこちら052-325-2590(毎週金曜日は測量・新築登記無料相談の日)
よかったら、ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
相続アドバイザーおかだのブログ
藤田測量登記事務所
↓当事務所在籍の占い師さんのブログ!
磐井あや★愛と情熱のブログ

家の杭って必ずあるの?見たことないけど・・・(★☆☆)

名古屋市内の測量を迅速・正確に行います!

測量士補、藤田測量登記事務所の岡田です。



私のブログを読んでいただいていると、

ご自宅の周りに杭があるかどうかが気にならないでしょうか?


さて、「杭は必ずありますか?」この質問についての回答は「NO」です。

なぜなら、杭は隣接地の所有者や道路管理者(市役所や町役場等)と

境界立会い(詳しくはこちら→境界確定測量とは?)をした際に設置するのが通例です。


従って、お隣さんと立会いした記憶がないならば、杭が無い可能性が高いと考えられます。

例外としては国土調査といって、国が測量を行った場合に杭が設置されます。

※但し、この時も地主さんには声がかけられ、立会いが必要となります



「親から相続した土地で、よくわからない」という方への調査方法は三つです。

①管轄の法務局(調べ方はこちら→法務局の管轄)で

土地の「地積測量図(分筆や地積更正をした結果の図面」を取得する

②市役所等で、道路立会いの記録を調べる

※その際にも、事前に法務局で登記簿謄本・公図を取得しておくとスムーズです


測量した履歴がなく、境界確定の必要がある場合には土地家屋調査士へご相談を。


※タイトルの星は難易度を示しています

 ★☆☆:易  ★★☆:やや難  ★★★:難

測量・農地転用のことなら藤田測量登記事務所へ(名古屋市及び近郊対応!)

お問い合わせはこちら052-325-2590(毎週水曜日は無料相談の日)

よかったら、ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
藤田測量登記事務所


スポンサーサイト

※タイトルの星は難易度を示しています
 ★☆☆:易  ★★☆:やや難  ★★★:難
名古屋の測量・新築登記のご相談は、名古屋市北区の藤田測量登記事務所へ(名古屋市及び近郊対応!)
お問い合わせはこちら052-325-2590(毎週金曜日は測量・新築登記無料相談の日)
よかったら、ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
相続アドバイザーおかだのブログ
藤田測量登記事務所
↓当事務所在籍の占い師さんのブログ!
磐井あや★愛と情熱のブログ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。