記事一覧

越境物確認の覚書(★★☆)

名古屋市内の測量を迅速・正確に行います!測量士補、藤田測量登記事務所の岡田です。大変ご無沙汰の岡田です。今日の内容は越境物(えっきょうぶつ)確認の覚書(おぼえがき)です。境界確定測量をしていると、こちらの土地にお隣さんの軒が出ている、こちらの建物の基礎がお隣さんの土地へ出ている、ということがあります。境界については争いがない(お互いに納得済み)で越境していることも認める、しかしすぐに取り壊すわけに...

続きを読む

お隣さんとのファーストコンタクト(★☆☆)(実際の境界争いの現場・・・)

名古屋市内の測量を迅速・正確に行います!測量士補、藤田測量登記事務所の岡田です。何事も、最初が肝心とは言いますが、土地家屋調査士が境界確定測量を進める際には、依頼された土地に隣接する土地の所有者(お隣さん)に同意してもらう必要があります。従って、そのお隣さんとのファーストコンタクトはとても慎重に行います。地主さんがお知り合いの方は良いのですが、知らない場合は更に慎重になります。登記簿で住所・氏名は...

続きを読む

境界争い、今そこにある危機・・・(★☆☆)

名古屋市内の測量を迅速・正確に行います!測量士補、藤田測量登記事務所の岡田です。境界争い境界争いと言いますが、そもそも争う原因は何でしょうか?①実際の境界と違うところにブロック塀を作った(越境)②先代(親世代)でのいざこざがリフレイン③地主が気に入らない①はまあ怒るのも理解できます②も仕方ないかと③は地主さん本人の責任もあるし、隣地の方の責任も・・・色々な現場を見てきましたが、③が5割、①が3割、②が2割...

続きを読む

実際の境界争いの現場・・・(★★☆)

名古屋市内の測量を迅速・正確に行います!測量士補、藤田測量登記事務所の岡田です。土地家屋調査士が行う境界確定測量で一番大切なことは、境界の立会いをした上でお隣さんから「ハンコをもらう」ことです。よく、「境界で揉めた」というお話がありますが、我々は当然、実際に体験しております。ケース①「・・・え?まだ頼んでないんですが。」現地の測量をした際に、隣接地の所有者に挨拶に伺います。その際に「土地家屋調査士...

続きを読む