記事一覧

ドローン測量、遂に導入??

名古屋の測量は、藤田測量登記事務所へ。一昨年、一気に有名になった「ドローン」ですが、測量の業界でも「ドローン測量」が話題となっております。常にチャレンジする藤田事務所は、既にドローン測量を始めて・・・いませんw境界確定測量や現況測量で実際に使えるレベルのものはまだ無いようですが、近い将来には導入される可能性を考えて、ドローンに詳しい会社の社長さんにお話を聞きに行きました。ドローン(drone)はそもそ...

続きを読む

ニアミス( ̄□ ̄;

名古屋の測量は、藤田事務所へ。二ヶ月ぶりのお久しぶりです、測量士補のおかだです。ネタが無かったわけではないのですが、更新しておりませんでした。今日からまた更新してまいりますので、よろしくお願いします。先日、岐阜県で杭の設置を行った時のことです。杭を打つ際には穴を掘って、杭を立てて、周りをコンクリートで固めるという作業を行います。その際に一番大変なのが、穴掘りです!!力が要るのもモチロンですが、色ん...

続きを読む

隣接者の方が建物工事を行う際にコンクリート杭が動かないか心配です(★★☆)

高いお金を払って設置した杭が抜けてしまう、こんなことが実際には良く起こっています。大体はブロックを積んだり擁壁(ようへき)を組むといった、工事関係の作業が代表的です。ですので、お隣さんに工事が入ることを知ったら、工事責任者に対して杭など、十分気をつけてもらうように依頼をしましょう。当事務所で境界確定測量及び土地分筆(土地を分ける)登記をお手伝いしたお客様から久しぶりに連絡をいただき、「お隣さんの建...

続きを読む

境界杭って、ぶっちゃけ・・・動きますよね??(★★☆)

名古屋の土地家屋調査士事務所で働く、測量士補のおかだです。「お隣さんが建物工事を行う際に、コンクリート杭が動かないか心配です。何か保護する方法は無いですか?」杭が抜けたり動いたりするケースとして、このような工事関係の作業が代表的です。工事が入ることを知ったら、工事責任者に対して、杭について十分気をつけてもらうように依頼をしましょう。それでも杭が動いた、折れたという場合、杭は勝手に埋めたりせずに、土...

続きを読む

境界杭ってどうやって設置するの?(★☆☆)

名古屋市内の測量を迅速・正確に行います!測量士補、藤田測量登記事務所のおかだです。さて、境界確定測量をした後に残るのは、「杭(境界標:きょうかいひょう)」です。杭には幾つか種類がありますが、概ねプラスチック製かコンクリート製の丈夫なものを設置します。この杭を設置する際には、測量用の器械(トータルステーション)と、 2点の杭(座標)を使います。↑因みに、これが設置された後のコンクリート杭です。スプレー...

続きを読む